--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.11.22

このコケどないしましょ。

ご無沙汰しておりました。水槽もネットも放置ぎみでした。
そのせいかどうかは知りませんが近頃黒コケが増えてきました。





グロッソにちょこちょこと付着しています。




あとビビパラや定番のシャワーパイプにも・・・。





これまでいろんなレイアウトに挑戦してきましたが
どれもこれも黒コケに占領されてしまいます。
私の維持の仕方になにか問題があるんでしょうね~。

こんな黒コケ問題から脱出するためにも
アクアリストに有名な「コケ対策.com 」
もう一度自分の水槽を見直してみることにしました。



メニューの
「黒髭藻(ヒゲ状藻)、糸状藻、ハケ状藻、房状藻」を見てみると・・・。

[原因]
 水流が強すぎる。
 水質がアルカリ性で高硬度になっている。
 魚の入れすぎ、エサのあげすぎなどで、過剰な老廃物が発生している。
 肥料の入れすぎ、または植わっている水草が少ない。
 換水をあまりしていない。
 フィルターの目詰まり、ろ過能力不足。
 ろ材や底床の汚れすぎ、古くなりすぎ。
(コピペですいません。)


う~む・・・。
水流はシャワーパイプで弱めてるし・・・

水質は賛成 酸性だし・・・

魚は少なめ、えさ適量だし・・・

肥料はもしかしたら多いのかな??
ブライティKを2プッシュ、グリーンブライティSTEP2を2プッシュ
を毎日添加しているけど・・・減らしてみるか・・・。
水草もまぁまぁ少なめだし・・・。

換水は週1回やってるし・・・

フィルターはろ過能力は問題なし・・・

フィルター掃除は昨日したのでこれから様子をみてみます。

う~む・・。
ほかにも読んでいて外光をさえぎることや底床の掃除いろいろ対策
が書いてあったのですこしずつ実践していってみることにします。




スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://keitsuke.blog20.fc2.com/tb.php/37-ea0c7b4f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは。
苔問題って頭が痛いですね(^^;
原因はやっぱり添加液でしょうか・・・
うちは、ブライティKしか使っていませんが、ブライティKを使用している週間と使用していない週間で、明らかに苔の出方が違いましたし・・・
Posted by hasway at 2005.11.22 15:20 | 編集
こんにちは。
この苔は特に性質が悪いですね(>_<;)
原因を特定するのは難しいですね・・・
私は見つけたら外に出す事にしています(最近さぼり気味ですが)。
水草関係は切り取り。
パイプは掃除。
石関係は除去しながらホースで吸い取り~。
って感じでやっています。
シャワーパイプは早めにした方がいいみたいですよ。
Posted by aquafox at 2005.11.22 17:38 | 編集
黒髭系はやっかいですよね。
発生しだすと、なかなかなくすことができないように思います。
んー、何が原因なんですかね。
何かのバランスが崩れているんでしょうが...。
とりあえず、言われるように、液体肥料を減らしてみたほうが良いかも知れませんね。
Posted by パーシー at 2005.11.22 23:22 | 編集
はじめまして!
うちのブログに遊びにきていただいて感謝です。

自分は水草水槽歴1ヶ月の新米ですw

レイアウトなどとは程遠い道を歩んでる気がします。
コケは大発生ですけどねw

うちからもリンク貼らせていただきましたのでよろしくお願いします。
Posted by みなと at 2005.11.23 04:23 | 編集
こめんとありがとうございます。

haswayさん>
ブライティKとかはコケには直接関係ないとおもっていた
んですがやっぱりなんらかの影響があるんですね~。
添加量考え直さないといけませんね~。

aquafoxさん>
言われるとおりまめに除去していくのも必要ですね~。
どうしても面倒くさいところがあるのでちゃんと
しなきゃだめですね~がんばります。

パーシーさん>
うちの水槽では必ず登場するコケなのでどうにかしたいん
ですけどね~言われるとおりとりあえず肥料の量を減らしてみますね。

みなとさん>
相互リンクどうもありがとうございます。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

お互いコケには悩まされますね~いっしょにがんばりましょうね~。


Posted by ケイツケ at 2005.11.23 16:10 | 編集
Secret comment
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。